2013年5月12日日曜日

桃、りんごの実どまり確認

今年の春先は寒暖の差が激しく、果樹の凍害、霜害の被害がかなり出ています。
この画像は桃「あかつき」のガクの部分が外れるガク落ちと呼ばれる現象で桃の実どまりがした証でもあります。ももは毛のある胚珠の部分が食用となる部分です。
桃は比較的霜害などにも強く生産量は確保できそうです。
りんごはガクの部分がこの画像のように立ってくるとガク立ちとよんで実どまりがした証となります。
私達が食用にしているのはこの膨らんだガクの部分です。
上の画像と下の右側は実どまりのしなかった凍害に遭った花です。下の画像の左側が実どまりのしたりんごの幼果です。りんごの花は霜などの寒さに弱く今年は良果の絶対量の確保は難しいかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿