2012年7月7日土曜日

ももの放射性物質の検査

昨年に引き続き、県ではモニタリングの実施、JAでも各品目、各品種ごとに生産者単位で自主検査を実施しています。
さくらんぼは401検体のうち未検出が約40%、基準値以下微量検出が約60%の結果となっています。
私のハウス桃は、8品種が植えられていますので、品種ごと検査をして8品種とも未検出でした。
さくらんぼは昨年と比較して約5分の一に減少していますのでこれから始まる露地の桃も未検出がかなりの割合になると予想されます。
検体は国の定める皮をむき、種を除いて可食部分を細く刻んで1Kを測定します。

0 件のコメント:

コメントを投稿