2012年6月27日水曜日

桃の硬核期

4月28日に平年より1週間以上遅れて満開を迎えた桃「あかつき」が平年より数日遅れの6月20日頃から硬核期に入っています。
この期間はあかつきで約2週間ほどで終了して種子(胚)を覆う核が硬く木質化する桃にとっては大変重要な時期となります。
栄養と生殖(種子を残す)のバランスの微妙な時期で急激な刺激は避けなければいけない時期です。
満開後気温の高い日が多かったために生育は回復し、収穫期も平年近くまでになるのではと期待をかけています。

2012年6月24日日曜日

モリアオガエルを発見!!
あの天然記念物に指定されているモリアオガエルを自宅近くの防火用水で見つけました。
山里深い沼や湖の樹の上に泡状の卵を産みつけ画像のように孵化した小さなオタマジャクシが水に落ちます。
朝夕、軽やかな鳴き声が心地よいです。

2012年6月12日火曜日

桃の摘果作業

私の桃園では摘果作業の真っ最中です。 摘蕾(てきらい)・・・・蕾を摘む作業を4月に実施して、その後満開日が4月28日でしたので満開後44日が経過しました。 今年は生育が平年比5日ほど遅れてきていますがこのところの高温の日で遅れも取り戻しています。種の硬まる硬核期は満開後60日ですので6月28日頃からとなりますが実際はもう少し早まりそうです。硬核期までには摘果作業は良品生産のためにも終えなければなりません。

2012年6月10日日曜日

ハウス桃「ももか」の収穫

今から約20年ほど前に私が自園の「川中島白桃」に早生種の「ちよひめ」を交配して育成した品種です。                    この品種は食味はとても良いのですが果実が小ぶりで生産量が上がらず市場性もあまり無いと判断して自家用として一本だけを残しました。 この品種のあとハウス桃は「はつひめ」「日川白鳳」「ふくえくぼ」「暁星」「紅国見」と続き最盛は今月20日以降となる予想です。