2011年7月30日土曜日

桃あかつきの核種放射性元素測定、自主検査

あかつきの収穫まであと5日から1週間となりましたが福島市の桃のモニタリング調査は5回ともに国の基準を大きく下回りすでに現在は市場出荷されていますが、自分の園の値を知るために昨日あかつきの検体を茨城県日立市にある民間の検査機関に測定依頼のために送付しました。私の2箇所の桃圃場の土壌調査はすでに検査済みですが7月初めに依頼した桃の果実の測定結果は58ベクレル(1キロ)でした。この圃場の土壌は6月2日の検査ではセシウム802ベクレルでした。土壌中のセシウムが少ない割には果実に出ているのは3月の原発からの放出された物質が枝とか幹に付着しそれが果実に移行して出ているのではないかというのが県果樹研究所の見解です。50ベクレル以下はほとんどゼロとほぼ同じに見てよいといわれる専門家も多いのに対し値がゼロでないとだめと主張する若いお母さんも多いです。バナナにも20ベクレルのセシウムがあり、われわれの体にも7,000ベクレルの放射性物質があるといわれていますがこれはあまり知られてはおりません。
自分の園地の正確な情報を早く知りたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿