2011年6月30日木曜日

福島市の露地もも放射性物質、基準値大きく下回る

大変気になっていた福島市の露地の桃の放射性物質のモニタリングの結果が28日公表されました。予想していた通り検出された放射性セシウムは3点調査の結果、26ベクレル、9.6ベクレル、検出せず(ND)とわずかの量であり、国の基準値500ベクレルを大きく下回りました。これは、これから出荷がはじまる露地ももにとって大変明るい材料です。
福島市の桃の生産量は山梨県の笛吹市についで全国2位であり県内ではもちろんダントツ1位の生産量がある桃の生産地でもあるのでまずは胸をなでおろしているところです。
なお、近日中には安全性を確認するために自園地の極早生桃でも検査をしていくつもりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿