2011年6月3日金曜日

桃園地の土壌放射性物質の測定

桃の安全性を確保し自分の桃園地の土壌の汚染状態を知るために桃の2圃場から土を採取して自主検査

を依頼することにしました。去る4月6日に福島県から発表された福島市の2観測地点の樹園地ではセシウム1,800~2,000ベクレル(1キロ当たり)でした。桃の吸収係数0.01としても20ベクレル以下となり国の暫定基準値500ベクレルを大幅に下回ることになります。昨日、自分の2箇所の桃園の地表から5センチまでの5地点の土1.2キロを採取して分析機関に送付・依頼をしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿