2011年4月25日月曜日

放射性物質と農業に関する講演会開催

昨日(4月24日)市内のホテルで「放射性物質の農耕地への影響と問題点」と題して、学習院大理学部村松康行教授の講演が開催されました。県の主催で農業関係者が対象で約400名が参加しました。簡単に概要をご紹介すると、
①冷戦時代米ソの核実験が行われた1,950年から60年代は大気中の放射性物質が非常に高かった.(現在の比ではない)
日常、周囲には放射性物質は多く、蛍光塗料、トンネル内、石の建物、飛行機内などでは高い放射線を受けている。
②今回原発事故で放出された放射線のうちキセノンは揮発性なので問題なく、ヨウ素は40日後は1,000分の一にまでなるので問題ない。半減期29年のストロンチウムはごく微量なので問題は無い。セシウム137は半減期が30年と長く県内140地点の調査では9~29,000ベクレルと差があり(事故以前は200以下)高い場所でのロータリーなどの土壌攪拌は避ける。少ない地点では攪拌して濃度を低くしたほうが良い。
③土に含まれるセシウムの濃度に対する作物が吸収する濃度(移行係数)はIAEAで出している数値は作物により異なり平均で穀物0.03、葉菜0.06、果菜0.02、根菜0.04とすべて0.1以下である。(ちなみに、今回日本が水稲耕作可能数値は土壌5,000ベクレル/Kで0.1とみて500ベクレル以下としています)
④この対策として、値の低い地点ではすき込みや天地返しなどで土壌の濃度を低くする。高い地点では表土を除去する。ヒマワリ、菜種などは放射性物質を吸収しやすく種子までは移行しないのでこれらの作付けをする。ゼオライトは放射性物質を吸着し作物の吸収を抑える。セシウムはカリと似た性質があるのでカリ肥料を施すことにより土中の濃度が薄まる。
などでした。
終わりに、県農業総合センターの門間所長から今後の取り組みについて、つくばにある文献を収集、県内の農作物のモニタリングの調査、作物の放射性物質の吸収抑制技術の開発の確立を急いで行うとのお話がありました。
いずれにしてもこれは私達に急に降って湧いたような事象です。少々長く付き合っていかねばならないかもしれません。日本でははじめてのケースです。
放射線に対する正しい理解、生産者と消費者とのネットワーク作りがこれから大切と感じました。

0 件のコメント:

コメントを投稿