2011年4月8日金曜日

県内農用地土壌調査を発表

今回の原発事故による放射性物質の土壌汚染実態を把握するために県内の70地点から採取された調査結果が昨日発表されました。実態がわかるまで定植、耕運、除草を自粛するように県当局から伝えられておりました。大部分の市町村は自粛解除となりましたがセシウムの値が特に高かった7市町村の一部が再調査となりました。私達の福島市は自粛解除となり昨日JAの広報車で広報をしておりました。調査内容を見ると県内で最も値の低い西会津町の乾土1キログラム当たり42ベクレル、最も高かったのが飯舘村の15,031ベクレルとその差が大きい。福島市の樹園地で1,896ベクレルでした。しかし国にもこの基準がなく近く国での設定を待って県として作付けの可否を判断するとの事です。安心して営農できる日が1日でも早く来て欲しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿