2011年2月23日水曜日

福島県育成中新系統りんご「6号」の検討会開催

説明を追加
去る2月21日、福島県果樹研究所において
りんごの新系統「6号」の検討会が試作農家や県、市、JAなどの関係者が出席して開催されました。このりんごの特徴はふじより収穫期が遅いこと、酸味があること、蜜が全面に入ること、貯蔵性があり4月~5月頃まで食味の良い事、着色が良いことなど今までのりんごには無かった特徴を持ち合わせています。特に蜜入りの良いのは消費者に受けそうです。今のところ、果実の成っているのは果樹研究所だけですが来年あたりから試作農家の間でも果実がなり始めそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿