2010年12月29日水曜日

今年も残り2日となりました

いろいろあった今年2010年も残すところ2日となりました。今年を一字で表すと「暑」だそうです。
秋口まで続いたあの暑さはまだ私達の脳裏に残っています。
上陸した台風の数も例年に無く少なかったです。地球的規模で気象の異常変化は確実に起こっている事を実感しています。
人間が長い間続けてきた文明行為は少しづつ崩れ始めています。かつての自然を取り戻すためには長い時間がかかりますが方向を間違わずに少しづつ進む必要があると思います。
今年のくだもの作りを振り返っても納得のいく満点の出来の作物は無かったように思います。
桃も長雨と旱魃は桃の樹にとってもストレスがかかり着色不良果や軟い果実が多く生産されて良品割合が少なく減収でした。りんごも早生や中生の品種は不作、晩生のふじも着果量は充分でしたが高温、旱魃の影響は大きくあとあとまで小玉のために減収となりました。野菜も含め農作物全般の不作は価格は高値で推移しましたが生産者の収入は減収しております。
来年は是非いい年になることを期待して年を越したいと思います。

2010年12月16日木曜日

りんご新品種試作会40周年記念事業

福島市内のりんご生産者で作る福島市りんご新品種試作会が今年で発足して丁度満40年目を迎えます。会では40周年を記念して市内にある53の施設に会員が丹精こめて作ったサンふじ1,778個を寄贈することにし、昨日その贈呈式を知的障害者授産施設「太陽学園」で行いました。一人に一個づつわたるように個数を準備し市役所の協力を得てそれぞれの施設に配布を行いました。
会が40年を迎える事が出来ましたのも行政、指導、研究機関、諸先輩など多くの方々の支えがあったからこそ今日があると感謝の気持ちで一杯です。時代とともに消費者がりんごに求めるものも変化してきます。生産者として敏感にその変化にも対応しながら福島にあったりんごつくりを心がけていくつもりです。

2010年12月3日金曜日

今年もふじの収穫が終了

先月の17日から始めたふじの収穫が昨日で全部終了しました。一応収穫箱に収まってはいますがこれからの品質区分、選果選別の仕事が1週間~10日はかかるでしょう。今年は台風や季節風などの気象災害はなかったのですが夏の猛暑の影響により果実の肥大が抑えられて平年より1~2階級は小玉という結果となりました。その分は収量が落ちていますし、カッパン病やスモモヒメシンクイなどの病虫害も一部発生して反省点も多かったふじの収穫でした。病虫害や着果量は次年度への影響も大きいので心配です。
この時期になると今年もあとわづかとなりあっという間の一年だったと感ずるのは年のせいかなのかと思うこのごろです。いろいろと静かに一年を反省してまた次年度に備えたいと思っている忙中閑の心境です。