2010年11月14日日曜日

最近涙もろい自分

このブログでは今まで果物の生育状況などを書いてきてあまりプライベートの事は書いてこなかったのですが最近は年のせいか自分の気持ちも少し書きたいと思うようになり、ここ63年も生きてきますといろいろと自分の過去と重ねあわせたりして感慨深くなることも多いです。
先日、平塚の農水省園試で同期の研修生だった一人がこの度、長年の努力が報われ献上米に選ばれて奥さんと一緒に皇居でその儀式に参加してきたとのことでした。毎年自分の産物を送ってくれるのですが今年はいつも送って頂く産物のなかに袋に入った献上米が入っていました。思わず感激の涙が出てしまいました。わが事のように嬉しかったです。もうひとつはわが小3の孫の学習発表会です。ミュージカル劇の主役を堂々と演じる姿にまた涙、この世にうまれてまだ9年足らず、その成長ぶりに感激するばかりです。年を重ねてくると涙もろくなるというのはこの事なのかと最近つくづく思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿