2010年10月28日木曜日

りんごの試食懇談会開催

今年で22回目となるりんごの試食懇談会が県、市などの行政、市内の旅館、ホテルの関係者、各団体の代表者、学生など106名を招待して去る15日、市内のホテルで開催されました。主催は市内でりんごを生産している福島市りんご新品種試作会で会員の生産した新品種など今の時期に収穫される7品種が提供されました。これは消費者の皆様からの率直なご意見を伺い、今後の品種選びや栽培に生かすことと、参加された皆様に福島りんごの良さを広めて頂きたいことの二つのねらいがあります。
現在栽培の主力になっています「ふじ」をしのぐ品種はいまだ出現してはおりませんがもう少し品種分散をしていきたいのが私達の願いでもあります。
22回も1年も休まず続いていることにも意義があり「継続は力なり」と思っているところです。

2010年10月20日水曜日

平塚桜会の開催

去る、10月13日~14日かつて農水省園芸試験場で研究、研修のために在場経験のある人達の組織「桜会」の同窓会が福島で開催されました。桜会の会員は全国に数千人おりますが平塚にS.30年代~40年代の人達に限って声をかけました。参加された当時の技官さん、研修生など懐かしい顔ぶれ約40名が参集しました。自他ともに年令は重ねましたが中身は昔と変わらずとても懐かしく楽しいひと時を過ごすことができました。県果樹研究所や私のりんご園を視察した後、一次会、二次会の懇親会では話がつきませんでした。先輩方のバイタリテーにも驚かされました。日本の園芸界を背負ってきただけに年を感じさせませんでした。翌日は紅葉で見ごろを迎えた吾妻スカイラインを堪能し四季の里のビール園でジンギスカンを楽しんで再開を約束して散会しました。皆様の更なるご活躍をご祈念しております。

2010年10月7日木曜日

今年のりんごの出来具合は

ついこの前までの猛暑もお彼岸を境に急に涼しくなりました。9月末まで桃を収穫してましたがもうりんごの季節です。
りんご園に足を踏み入れてみると猛暑の影響が随所にみられます。まず、果実の肥大が高温,乾燥のために平年より1~2階級は小さい事、カッパン病、黒点病、キンモンホソガなどの病害虫の発生も散見されます。
果たしてりんごになるのだろうか猛暑の中では心配していましたがこのところの雨と涼しさが入り着色も順調に進み肥大も挽回してきていますので一安心しているところです。
昨日は着色増進のための反射シート敷きが終了、10月1日から始めた葉摘み作業も順調に進んでいます。
桃収穫出荷作業の疲れを引きずったままりんごの季節に入ってしまいました。
ちょっと一息つきたい気分です。